夏色

詞/曲 Dilemma 編曲 atomcraft

わかりやすいコトバで
それを言い表すのならば
「君のことを愛している」
つまりそういう事なんだと思うんだ

白いサマードレスが揺れる
僕の前で夏が跳ねる

夏が終わらなければいい・・・
夏が終わらなければいいのにね
君はまぶしそうに笑う
僕も照れたように笑う

おもいきって早起きして
海へ来た甲斐があったよね
身支度もそこそこに
水辺へ走る君を見てそう思うんだ

とろけそうな太陽の光
時が緩やかに流れていった

夏が終わらなければいい・・・
夏が終わらなければいいのにね
永遠ていうコトバが少し
真実味ある響きに変わるんだ

名前の無い気持ちが
あったってそれでいいじゃない
君とまたここに来たいと思う
そう思うだけで今は充分なんだ

波に戯れる君が笑う
それにつられて僕も笑う

夏が終わらなければいい・・・
夏が終わらなければいいのにね
夏が終わらなければいい・・・
夏が終わらなければいいのにね

夏が終わらなければいい・・・
夏が終わらなければいいのにね
ここで夏が立ち止まればいい・・・
全部夏色のままならいいのにね

白いサマードレスが揺れた
僕の前で夏が跳ねた